日別: 2018年1月9日

実印の印鑑登録

実印は15歳以上の方であれば一人につき1本を登録することが可能です。また、外国人の方であってもお住まいの市町村に対して外国人としての登録を行っている場合には実印の登録を行うことができます。実印が例えば自動車を購入するときや、家を購入するとき、公正証書を作る時に重要な役割をしますので、登録は日本で生活をしていく場合には必須のものと考えておいて間違いありません。
実印はただもっていてもそれを公的に使うことはできません。実印としての機能を持たせるためには印鑑登録が必要になります。印鑑登録をしておけば、公的な書類に対して押印をした時にそれが実印であることを証明することができるようになります。登録をしておかないと、いろいろと不都合なことが起きてしまうことになります。

印鑑登録印鑑登録はお住まいの自治体の役所で行うことができます。手続きの詳細については、窓口に問い合せてみると説明してもらえます。印鑑登録をするには、実印をまずは作らなくてはなりません。その実印を持って、お住まいの市町村の役所にいけば印鑑登録をすることができます。
しかしながら、実印ははんこであれば何でもOKという物ではありません。簡単に複製されてしまっては、実印を偽造されてしまうことにもなりかねませんので、手彫りなどの印鑑を購入して、偽造を防止することを考えておくことも必要です。また、一生実印は使って行くものですので、印鑑の材質は劣化の少ないものを選ぶのもお勧めの方法になります。